転職の理由

 転職の理由にも様々なものがあります。仕事が思っていたものと異なっていたり、職場の雰囲気や人間関係が嫌でたまらなかったり、今の仕事で将来の見通しを得る事が出来ずキャリアアップのために転職するなど、本当に理由は様々です。そんな理由の中で、勤務先から転勤を命じられ、それが嫌で受け入れる事ができず、転職するケースも意外と多いものです。

 

転勤を拒否して会社に居続ける事が可能か?

 会社から転勤を命じられた時、社員はそれを拒否する事が出来るのでしょうか?答えは原則拒否は出来ないという事です。多くの会社では、就職時に転勤や様々な勤務に関する誓約書を取っている事が多く、その中に、どこにでも転勤しますと言う一文が入っているものです。

 

 しかし、これは原則であり、その人が場所の移動ができない家庭の事情などが、仕方ないと認められれば転勤を強制せず、個人の事情を配慮するのが一般的です。しかし、現在居住の土地を離れたくないと言ったあいまいな理由や、子供の教育環境程度の理由では転勤を拒否する事はできません。子供の教育環境上、原住地を重視するなら、単身赴任と言う選択肢があるからです。会社から転勤拒否が認められず、その地を離れたくないなら会社を辞め、転職せざるを得ない事になるのです。

 

就職や転職時に転勤の有無と自分の考え方をはっきりと持っておくべきです

 仕事や会社に不満がなく、そこでキャリアを積んで来たのに、転勤の命令で転職せざるを得ないのは、少し残念な事です。こうした事態にならないように、就職や転職時には、その会社が持っている事業所を把握しておく必要があります。営業所のみが数か所にあり、自分が営業職でなければ、転勤の可能性は少ないでしょう。

 

 しかし、メーカーなどで転勤が少ないと思いがちな製造部門勤務であっても、同じ製造部門の他の事業場への転勤などはよくある事なのです。転勤は個人生活に大きな影響を与えるため、事業場エリアを限定し、住居の移動を伴う転勤のない事を条件にした制度を設けている会社もあります。地元へのこだわりで、住居変更を伴う転勤が嫌なら、転勤に関する要件なども事前に把握する事が大切です。