35歳の転職では、企業が求める人材としては最終的な年齢になるため、どうしても企業からは厳しい選考基準で判断されます。そこで、転職活動ではしっかりと事前準備や対策をして段取りをつけて行動しないと、後々家族や職場の同僚に迷惑をかけることになります。 転職ではタイミングが大事になりますが、職場や家庭においては要としての役割を担っている自覚も必要です。35歳の転職では、自分だけの意思で進めることができないということを肝に銘じて、しっかりと自己分析をしたのちに戦略を練って転職活動を行うと良いでしょう。

 

 そこで、35歳の方が効率よく転職活動を進めるには、自分にあった転職サイトや転職エージェントを利用して、効率的に転職活動を行うとよいでしょう。

 

【リクナビNEXT】
・大手企業から新興企業まで多様な業種や業界の求人数が非常に多いため、転職経験者の8割が利用している人気求人サイトです。
・Web上に匿名レジュメを登録してスカウト機能を利用することで、企業やエージェントから直接オファーを待つことができます。35歳の転職では、自分だけで探すよりも転職の可能性が広がります。また、転職市場における自分の市場価値を知ることができるため、転職に役立たせることができます。

 

【リクルートエージェント】
・これまで30万人の転職支援を行ってきた経験をもとに、専任のキャリアコンサルタントがあなたと求人企業の橋渡しをしてくれます。求人募集がない企業の求人についても問い合わせをしてくれたり、募集に関わる色々な情報提供をしてくれるので有利に転職活動を進められます。
・全国規模の約6万件の求人を取り扱い、その中でも求人情報の約90%が非公開求人となるため、自分にあった求人を探すことができます。